2016年 07月 12日

君島一郎の「見立て」は、正しかったんだなあと思う件

まあ唐突に、別件な話題になりますが、最近ふと、君島十和子のことを、考えたりするんですよね。

「絶対に破談になる」と思ったけど…

私は、彼女の結婚話が出たときに、あらー、これはまとまらないわ、破談になるわと、思ったんですが、結果は、大どんでん返しだった。
そもそもの話が、相手の家庭事情が複雑すぎるとか、隠し子がいたことを黙っていたとか、それを知って、彼女は、ショックを受けている様子でしたし、さらに追い打ちをかけるように、君島父が、インタビューで「宮沢りえさんのようになってもいいのか」などという、男尊女卑発言をしたというので、これは、結婚はないわーと、確信していたんですが、十和子さんの決断は、逆だったんですね。
特に何も言わず、さらっと結婚してしまった。
私は当時は、彼女の気持ちが理解できず、「どうしてなの」「バカねえ」「騙されている」などと、思っていたんですが、最近になって、彼女の判断は、正しかったんだなあと、思うようになりました。
それは、今の彼女が、非常に幸せそうだからですね。

君島父は、十和子さんを脅したかったのではない(たぶん)

b0361948_00452922.jpg
どうして結婚する気になったのか、今になると、なんとなく、こうじゃないかなあという気がしてくるんですが、君島父というのは、あの人は、古い人ですから、ああいう「一見ひどい言い方」になりましたが、たぶんですが、彼は、「十和子さんを脅すつもり」などは、なかったのではないかと。
そういう「つもり」よりも、とにかく、十和子さんをウチの次男の嫁にしたい、その思いで必死だったんじゃないかなあと。
そしてわりと、不器用な人だったのかもしれません。
宮沢りえのようになってもいいのか、つまり「キズモノ」になってもいいのかみたいな、一度破談になったら、ほかの男は、どうしても、破談歴のない女性のほうを選びたがるから、なかなか売れなくなるぞと、まあそういう意味でしょうが、そういうふうなことを言ってしまったのは、やっぱり「どうしても十和子を嫁に欲しい」というふうに、思ったからだろうと、そういう気がするんですね。
君島父の「必死さ」というものが、身も蓋もない表現になって、脅しみたいになってしまった。
普通なら、こういうことを言われれば、ぎょっとして、「バカにしている」と思って、そういう「へんな家」とは、さようならですよね。
ですが、十和子さんはたぶん、それが「君島父の必死さのあらわれだ」ということが、わかったんじゃないでしょうか。
脅したいとか、そういう気持ちよりも、「どうしても嫁に来て欲しいんだ」という、そういう気持ちがわかったから、だから、そこまで望まれて嫁に行くなら、本望だと、そういうふうになったのではないのでしょうか。
あとはまあ、29歳とか、それくらいの年齢は、非常に微妙ですから、また一から新しい男性を探すとなると、時間がかかりますし、それだけ、出産も遅れるということになってきます。
まあ、米倉涼子なんかは、本当に、そうやってタイミングを逃して、遅くなったタイプではないかなあと、本人はどう思っているか知りませんが、そういう意味では、ちょっと気の毒な感じはするんですね。
結局のところ、結婚をしたいとか、子供が欲しいと思うならば、とにかく「誰か」としなければならないわけで、それは、けっこう誰でも同じだったりするんですね。
だから、「あれでもない」とか、「これでもない」と言って、選り好みをしているうちに、どんどん年を取ってしまったとか、米倉涼子なんかは、そういう感じではないかなあという気はします。もちろん、君島十和子よりは、だいぶ年下なんですが。

君島父のカンと、十和子のカンは、両方とも当たっていた

あの当時、君島父が、どうして「次男の嫁は、どうしてもこの子じゃないとダメだ」と思ったのかは、よくわかりませんが、彼のカンは、当たっていたということが、今になって、証明されたようだなあと、私は思うんですね。
そしてまあ、十和子さんのカンも、当たっていたというか、「嫁に行くなら、望まれて行くに限る」という、そういうこと。
十和子さんが「わかっていた」のは、そういう「一番肝心なこと」で、そして君島父の、あの「不器用な表現」が、ちゃんと彼女に伝わって、よかったよなあなんて、思うんですよね。
結婚というのは、いろいろ言っても、結局はまだ、家と家との関係なんですよ。
だから、自分たちだけがよければいいとか、そういうつもりでは、なかなか「幸せ」になれるとは、限らない。
特に、女性側というのは、嫁に行くという場合には、どうしても弱い立場ですから、「是非ともウチの嫁に」と、一家を上げて熱烈歓迎をしてくれる家に行ったほうが、いいに決まっています。

[PR]
  • バナーをクリックで1票
  • 誰でも投票できる
  • 「いいね」と同じ
  • 1人1日1回まで
  • ほかのブログで投票していてもOK
  • 誰がクリックしたかはわからない
ブログランキング・にほんブログ村へ
by cumbersome | 2016-07-12 11:02 | つぶやき

世をうぢ山と 人はいふなり


by cumbersome

プロフィールを見る

画像一覧へ

最新の記事

知恵遅れのダンナ+不細工な妻..
at 2017-04-18 17:36
ブ○とは絡みたくないので、官..
at 2017-04-14 19:27
筒井康隆は昔からああいう芸風..
at 2017-04-07 22:47
香取問題は、ジャニーズ事務所..
at 2017-04-06 18:06
中韓の冷え込みと、日本の立場
at 2017-04-05 23:31

カテゴリ

全体
つぶやき
国内
中国
韓国
アメリカ
海外
音楽
映画・ドラマ
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月

検索

タグ

(26)
(25)
(24)
(21)
(18)
(16)
(14)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)

記事ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村